B1200P - 非接触全自動データ入力およびラジアルランナウト診断機能を備えたホイールバランサー


価格お問い合わせ

John Bean B1200P 非接触 全自動データ入力およびラジアルランナウト診断機能を備えたホイールバランサー
EEWB567


ラジアルランナウト
問題の簡単な診断のために、ホイールランナウトの最大振幅とハーモニックのグラフが用意されています。必要に応じて、リムランアウトとマッチング情報が提供されます。
非接触 全自動入力
リムスキャナーとソナーにより自動的にリムデータ、スポークの数と位置を検出します。人為的ミスを減らし、より高い精度と使いやすさを実現します。

EASYWEIGHT™
ピンポイントレーザーは正確なウエイト貼付位置を特定し、精度と効率を高めます。
POWER CLAMP™
特許取得済みの自動パワークランプ/電気機械式クランプは、常に一定の力でホイールを正確にクランプします。これはホイールバランス作業において最も重要です。
プラチナム インターフェイス
大きな数字、カラーウェイトポジションインジケーターを備えた直感的で速いタッチスクリーンモニターです。

 
リムスキャナーとスマートソナーによる非接触 全自動入力
リムスキャナーとソナーにより自動的にリム幅とリム径、オフセット、スポークの数と位置を検出します。その後、自動的にバランスモード、ウエイトタイプ、ウエイト位置が選択されます。人為的ミスを減らし、より高い精度と使いやすさを実現します。
   

 
マッチマウント
アンバランス測定中にホイールのラジアルランナウト診断が行われるため、生産性を損なうことはありません。リム診断中にランナウトが自動的に検出され、マッチングマウントを推奨して幾何学的変形による振動を修正します。
 
   

 
スプリットウエイトモード
アルミホイールの隣接するふたつのスポークの後ろに貼付ウエイトを隠すことによって、ホイールの外観を損なわずにスポークリムの正確なバランスを取ることができます。
 
   

 
QuickBal™
回転時間を30%短縮し、同じ高精度を維持しながら4.5秒未満で計測します。
VPIテクノロジー
特許取得済みのバーチャルプレーンイメージング技術が搭載されており、周囲の状況に影響されず正確にバランシングします。
Stop-in-Position
画面上のアンバランス量に触れるだけで、車輪が自動的に補正位置で停止します。
   

 
レポート
プリンター*1を使用して、レポートを印刷することができます。
   
   

*1: オプション


仕様
ホイールクランプ: パワークランプ
シャフト径: 40 mm
測定回転速度: < 200 rpm
バランス精度: 1 g
角度分解能: ±0.7°
シャフト長: 225 mm
測定時間(195/65R15): 4.5秒
リム径: 8インチ − 32インチ
オフセット: 1インチ − 20インチ
リム幅: 1インチ − 20インチ
最大ホイール径: 1,050 mm
最大ホイール重量: 70 kg
電源: 単相 200 VAC 0.75 kW 50/60 Hz
本体寸法(ガード開) H 1,895 mm x W 1,362 mm x D 1,001  mm
本体重量: 135 kg
OEM推奨: メルセデス·ベンツ(MBセンタリングキット要)


【カタログ】
  



電話によるお問い合わせは04-2968-9200まで。
予告なく仕様を変更する場合がございます。当社ウェブサイトのすべてのコンテンツの無断転載、引用禁止します。
Copyright © 2018 AMTECS CO., LTD. All Rights Reserved.