JL-3500HFC - ジャンボリフト


価格お問い合わせ

Nussbaumが開発した画期的な油圧同調システム“HyperFlow®テクノロジー”の採用により、ジャンボリフト JL−2500のピットに設置することが可能になります。


HyperFlow®テクノロジー
• 左右リフトの同調は、リフト作動中に自動的に調整
• 同調を確実にするためのいかなる手動操作もワイヤーも不要
• “ブリーディング”はリフト運転中に最高位で自動で実施
• 消耗部品の削減

特長
• 柱が無いのでドアの開閉がスムーズに行え、作業スペースにも余裕が持てます
• リフト間に障害物が無いので下回りの作業性が抜群です。左右のリフトを接続するのは油圧ホースだけで間を通過する場合に邪魔なものがありません
• 短時間で上昇と下降します
• 最低地上高105 mm、床上設置も可能です。(ピット内設置と床上設置が選択可)
• 車両を乗り込んだ後のセットアップが容易なのでクイックサービスに最適です
• 受台の長さは乗込用ランプを上げてロックすることで標準の1,460 mmから2,160 mmに変えられ、リフトポイントの間隔が長い車両の対応範囲が広がります
• 車両にやさしい樹脂パッドを使用して安全にリフトアップします
• 乗り込みランプは保護ローラーが付いています
• NTテクノロジー − 二重構造の油圧システム(マスター/スレーブ)が機械的なラチェット機構をなくしました

柔軟性
受台は1,460 mmから2,160 mmに変更し、短いホイールベースから長いホイールベースまで対応します。
  
ランプ
ランプは受け台の長さを増やし、片手で簡単にロックまたはロック解除ができます。またローラーがランプを守ります。
    

仕様
能力: 3,500 kg
荷重分布: 最大 3:2または2:3 (エンジン積載方向による)
上昇時間: 約35 秒
下降時間: 約30 秒
ノイズレベル: ≤70db(A)
本体高(最高): 2,004 mm
本体高(最低/ピット深さ): 105 mm
本体幅: 1,920 mm
受台幅: 510 mm
受台長: 1,460 mm 2,160 mm
モーター: 3.0 kW
電源: 三相 AC200V
オイルタンク量: 約14L (コスモ HV32/ハイドロ油#32または同等品)
本体重量: 920 kg
 
JL−2500の代替品(同ピット使用可能)

【カタログ】



電話によるお問い合わせは04-2968-9200まで。
予告なく仕様を変更する場合がございます。当社ウェブサイトのすべてのコンテンツの無断転載、引用禁止します。
Copyright © 2018 AMTECS CO., LTD. All Rights Reserved.