ホイールアライメント整備はどんな時に必要?

アライメント調整が必要なときは?
• 事故や車両の仕様変更にともない、アライメントの数値(角度)が変ってしまった時
• 各サスペンションパーツの変更やタイヤ·ホイールのサイズの変更にともない、車両との状態が適切でない時

上記の内容などが原因となり、色々な不具合(タイヤの偏摩耗やステアリングのセンターのずれ、ハンドルのとられや振動など)が発生した時、または予測できた時にホイールアライメントが必要となります。

ホイールアライメントはいつ狂うのか?
• 事故(縁石に軽く接触した時も含む)などで、車両に衝撃があった時
• タイヤサイズやホイールサイズの変更をした時
• スプリングやショックなどの変更をした時
• 何らかの理由で、サスペンションパーツを固定しているボルトやナットを緩めた時
• バネ上の重量が変った時
• 車高が変った時

上記の内容でなくても、車両が走行を繰り返せば各パーツの劣化や摩耗からも、アライメントに狂いが出る場合もあります。
*メーカーにより各点検時(1,000 km·3か月·1年·車検)にアライメントの測定調整の義務付けを行なっているところもあります。

ホイールアライメントが適切でないとどうなるのか?
車両に対して、アライメントの個々の角度が適切でないと様々な不具合が発生し始めます。
それは大きく3つ分けて、ハンドルのとられ·振動·タイヤの偏摩耗です。
• ハンドルのとられ − ドライバーにとって不快/疲労を与えます。− ⌈快適性⌋の妨げ
• 振動 − 車両の各パーツに障害を与え、それを進行させます。− ⌈安全性⌋の妨げ
• タイヤの偏摩耗 − タイヤの寿命を縮め、燃費の向上も望めません。− ⌈経済性⌋の妨げ

この快適性·安全性·経済性を向上させる大きな鍵をアライメントは握っています。


このカテゴリの商品はありません。

電話によるお問い合わせは04-2968-9200まで。
予告なく仕様を変更する場合がございます。当社ウェブサイトのすべてのコンテンツの無断転載、引用禁止します。
Copyright © 2018 AMTECS CO., LTD. All Rights Reserved.