ホイールアライメントの種類

今日では、アライメントといえば4ホイールアライメントの事を指すものだと思われがちですが、アライメントの測定·調整方法にもいくつかの種類があります。


各角度個別のアライメント
トータルトー前輪·後輪(トーインゲージ)
1 mm単位で測定するので、精度的に不正確。トータルトーのみしか測定できないので、車両直進状態に対してハンドルのセンターを出せません。

フロントホイールアライメント
前輪のキャスター·キャンバー·トーの測定
車両のジオメトリックセンターライン(幾何学的中心線)を基準として、前輪のトーを測定·調整する方法。この方法が従来使用されてきた方法であり、後輪が幾何学的中心線に対して直角に取り付けられていれば満足できるアライメントを提供することが可能です。しかし、もし車両の後輪が幾何学的中心線と異なるスラストラインを形成している場合、フロントエンドのステアリング系のセンターが狂うので、車両直進状態に対してハンドルのセンターは出せません。

4ホイールスラストラインアライメント
後輪で決定されるスラストラインを基準に前輪のアライメントを測定·調整する方法です。スラストラインアライメントでは、まず左右後輪の個々のトーを測定し、これらのトーによって形成されるスラストラインを基準線としてフロントアライメント(トー)を測定·調整する方法です。結果として車両直進状態に対して正しいハンドルのセッティングが行えます。ただし、左右ホイールのトー(前輪、後輪とも)は、車両の幾何学的中心線に対して左右対称にはなりません。したがって、スラストラインと幾何学的中心線が食い違うときには、車両が直進しているときに後方から見ると斜めに走っているように見えます。

デラックス4ホイールアライメント
デラックス4ホイールアライメントは、現在最も進んだアライメントサービスです。まず後輪の個々のトーを(車両の幾何学的中心線に対して)測定し、次にメーカーの仕様にあわせ調整します。この調整をすることにより、後輪のスラストラインを車両の幾何学的中心線に一致させます。従って、前輪は、幾何学的中心線に一致したスラストラインを基準に測定·調整されることになります。この結果、デラックス4ホイールアライメントでは、4輪すべてを平行(幾何学的中心線に対して左右対称)な状態にセットし、直進状態におけるハンドル及びステアリング系のセンターを確保します。


このカテゴリの商品はありません。

電話によるお問い合わせは04-2968-9200まで。
予告なく仕様を変更する場合がございます。当社ウェブサイトのすべてのコンテンツの無断転載、引用禁止します。
Copyright © 2018 AMTECS CO., LTD. All Rights Reserved.